ブログ

霧の向こうに。

晴れ間の少ない日々が続いています。今の時期に来られたお客様は「青い空!白い雲!ラベンダーの香り!丘の緑!黄金色の小麦畑!」を期待しているのに全く見られない毎日。

深い霧のかかった今朝。緑のラインの向こうにあるのは晴れか雨か。

ご宿泊希望の方はこちらから 

7月はハイシーズン料金6500円となります。

館内フリーWiFi完備、洗濯機無料、美瑛町の街中にありますので長期の撮影にも大変便利です。

記録更新

フォテージにはオープン以来、様々な記録があります。

最長宿泊記録、最多年間宿泊記録、最多宿泊者数などなど。

今回、その記録が塗り替えられました!

今回の記録更新は。。。

1115万円→2450万円!

これだけだと何のことかわかりませんが。。。

「フォテージの駐車場に停まった車の最高額」の記録です!

Ferrari California!白いフェラーリもカッコいい!

大幅な記録更新です!この記録を超える車は来るのでしょうか・・・?

ちなみに、北海道の農家さんが乗っている海外製のトラクターは1000万円から3940万円だそうです(⌒▽⌒;)

(スタッフ平澤の車はコミコミ50万円でした)←多分フォテージ最安記録!

 

ご宿泊希望の方はこちらから 

7月はハイシーズン料金6500円となります。

館内フリーWiFi完備、洗濯機無料、美瑛町の街中にありますので長期の撮影にも大変便利です。

この先に向けて。

フォテージがオープンして一年が過ぎました。

オープン以来、毎日試行錯誤をしながらお客様からのご意見を聞きさらに良くなるよう宿へフィードバックしてきました。

この夏!大きく変わるサービスをご紹介いたします!

   セキュリティの強化

 カメラはとてもお金がかかるもの。機材は厳重なセキュリティのところに保管したい。

 そこで、宿内にセキュリティカメラを取り付け24時間監視できるようにしました。

 メインエントランスのドアも電子ロック付きへと交換。暗証番号を入力しないと開きません。

 暗証番号も客室棟からのみ確認できるように掲示いたします。

 朝食サービス

 この夏だけの特別サービス。素泊まりの宿なので基本的に食事の提供はできませんが、実験的に9/30までの期間、朝7時-9時までラウンジにて

 パンと牛乳の無料提供を行います。

 お客様からの評価を受けてサービスの内容変更や今後も継続していくかを決定します。

 料金プランの変更 

 現在、シーズン毎に変更している料金設定を10/1より通年同一料金へと変更いたします。

 いつ来ても同じ料金で分かりやすい。

 ギャラリーの展示作品の入れ替え

 ギャラリーに、美瑛在住の写真家菊地 晴夫氏の作品を新たに展示いたしました。

 大迫力の美瑛の風景を鮮やかなクリスタルプリントでご覧頂けます。

 もちろん、菊地氏の写真集の販売もございます。

 

新しいだけではそのうちにお客様は離れていきます。

常に、お客様のニーズを掴み宿のサービスへと反映していく(限界はありますが。。。)

この夏は色々変わっていきます!

 

ご宿泊希望の方はこちらから 

7月はハイシーズン料金6500円となります。

館内フリーWiFi完備、洗濯機無料、美瑛町の街中にありますので長期の撮影にも大変便利です。

美瑛の今

今回の日記は大雨による美瑛の被害状況を簡単にお伝えするものです。

ここ数日、美瑛ではバケツをひっくり返したような大雨が降り続いています。

夜中も屋根を叩く雨の音が大きく響き、作物への影響も心配です。

がけ崩れで道路が崩落寸前の箇所もあります。走行の際は速度を落として通行してください。

畑からの土壌の流出で泥まみれの道。スリップに注意してください。

美瑛に来られる際は交通状況などをチェックして事前にルートの安全を確認しましょう。

又、フォテージにお越しになられる皆様へ。チェックインは22:00まで可能でございますので急がずにゆっくりとお越しください。

お宿にご宿泊希望の方はこちらから 

7月はハイシーズン料金6500円となります。

館内フリーWiFi完備、洗濯機無料、美瑛町の街中にありますので長期の撮影にも大変便利です。

蝦夷梅雨

 

連日の雨で、観光シーズンですがあまりいい景色とは言えない日々が続いています。

北海道に来られる方のほとんどが「北海道には梅雨がない」と思っているようですが、蝦夷梅雨というものがあります。

空梅雨で終わった本州ですが北海道は蝦夷梅雨真っ只中。

早く過ごしやすい季節になってほしいですね。

お宿にご宿泊希望の方はこちらから 

7月はハイシーズン料金6500円となります。

館内フリーWiFi完備、洗濯機無料、美瑛町の街中にありますので長期の撮影にも大変便利です。

夏の始まり

地元の方々の話を聞いていると、今年の農作物の生育は通常よりも早いようです。

牧草ロールも所々で作られていました。

7月の連休あたりには花も見頃で観光にも写真にもピッタリのシーズンがやってきます。

7月の予約状況ですが、ハイシーズンのため大変混み合っております。

満室の日もございますので、ご予約はお早めに。

お宿にご宿泊希望の方はこちらから 

6月はハイシーズン料金6500円となります。

館内フリーWiFi完備、洗濯機無料、美瑛町の街中にありますので長期の撮影にも大変便利です。

麦畑の夕陽

夏が近づくにつれて、畑の作物が日に日に青さを増していきます。

麦畑に落ちる夕陽も今の時期ならではの風景です。

7月の予約状況ですが、ハイシーズンのため大変混み合っております。

満室の日もございますので、ご予約はお早めに。

お宿にご宿泊希望の方はこちらから 

6月はハイシーズン料金6500円となります。

館内フリーWiFi完備、洗濯機無料、美瑛町の街中にありますので長期の撮影の際にも大変便利です。

フォトコンテストデータ

今回のフォトコンテストに応募された作品の簡単なデータを公開したいと思いますので、皆様是非次回のフォトコンテストへ活かしてください!

 

□応募総数 80枚(うち規定違反6枚)

 美瑛町外で撮られた写真や規定枚数オーバーも数枚ありました。

□プリントサイズ A4 59枚  4切 8枚  W4切 3枚

 一般的なサイズのA4が最多でした。

□縦?横?  横70 縦10

 やはり風景写真といえば横構図!

 

応募の多かった被写体はクリスマスツリーでした。

 

二位は美瑛の写真通ならご存知の赤い屋根の小屋のある丘。

 

マイナーな写真スポット、名前の無い場所が多かったのも今回のコンテストの特徴でした。

撮影時期はバラけていましたが、春の写真はありませんでした。

そして、意外と青い池の写真が少なかったのも特徴です。

コンテストの上位作品でも「美瑛」とわかるものは少なく、撮影される機会の多い観光地の写真は入りにくいようです。

【中の人から上位入賞のヒント】

「何を主題に撮ったのかを明確にする」

「印刷のクオリティ」

この二つを審査員の方々は呟かれていましたよ…

 

お宿にご宿泊希望の方はこちらから 

6月からはハイシーズン料金6500円になります。

館内フリーWiFi完備、洗濯機無料、美瑛町の街中にありますので長期の撮影の際にも大変便利です。

フォテージイン美瑛フォトコンテスト結果発表

先日、第一回フォテージイン美瑛フォトコンテストの審査会があり、全74枚の応募作の中から特別賞を含む9枚が選出されました。

 

【結果発表】

【最優秀賞】(一作品)

高田 梨乃「天の川へ続く道」

【コメント】
まだ札幌に住んでいる頃、遠征にこちらに来た際、同じく受賞されている松井さんに連れて行っ
ていただき撮影した一枚です。
なんのイメージもわからないままこの場所にたどり着き、第一印象はとにかく真っ暗。
次第に暗闇に目が慣れてきた頃、見えてきた真っ直ぐに登るダイナミックな天の川を目の前に言
葉を失いました。
正直美瑛は光害が多く、あまり星の撮影には向かないのかなと思っておりましたが、この場所に
関しては光害も少なく星の撮影には適している場所でした。
美瑛といえば、木が有名ですがこちらにも美瑛らしい1本の木がありとてもよいアクセントになっ
てくれました。
自分が感動したこの感覚を、たくさんの方にも味わっていただきたくこの作品を選びました。

 

【優秀賞】(二作品)

岩永 亜希子「共生」

【コメント】

美瑛で自然と共に生き、温かい思いで寄り添い、融雪材を散布する農家さんの営みは、
美瑛の美しい景色だと感じました。

 

若菜 和也「朝霧の丘」

【コメント】

撮影データは昨年9月17日AM5:44の撮影ですが、朝霧に日が射し込んで夢中でシャッターを押しました。

 

【入選】(三作品)

三上 彰一「夕暮れのそば畑」

【コメント】

隠れた場所にひっそりと広大なそば畑が広がっていました。
そば畑に夕日の光を当てようと考え時間を見計らって撮影しました。

 

斉藤 恵一「荒天の前触れ」

 

斉藤 均貴「秋晴れの丘」

【コメント】

撮影日は昨年の10月27日。朝から雲ひとつない快晴で、絶好の撮影日和でした。雪を纏った十勝
岳連峰がとてもクッキリ見える日でしたので、主役は大好きな十勝岳。三分割法で赤い屋根の家
を配置し、青空と山の白さがより映えるように、PLが一番効くと思われる時間帯に撮影しまし
た。
選出いただきまして、本当にありがとうございました。

 

【特別賞】(三作品)

浦野 晶澄「朝の沈黙 今 この瞬間」

【コメント】

今年5月人生初の写真展(個展)Landscapes~北海道~ 開催のため
1月に続き2回目の撮影のため3月5日(移動日)から8日(移動日)美瑛を訪れました。
狙いは青い池と星空、クリスマスツリーの木と星空でしたが かなわず
美瑛最終日の朝 早めにホテルをチェックアウトし新千歳空港へレンタカーで移動する途中、
ここへ立ち寄りました。到着したのは朝7時前で 私ひとりでした。
手前の1本の白樺の木を左手側に置いてみようと画面右手側の農業小屋の方向に
移動しているとキタキツネが小屋のほうから現れました。
立ち止まり、息を殺し、正面に来ることを願うだけで構図も決まらず、三脚も立てず
絞りもシャッタースピードも確認できず シャッターボタンに指を置くことだけが
その瞬間のすべてでした。まだ、まだ、まだ未熟であることを思い知らされた瞬間でもありました。

 

佐藤 直也「夏景色」

【コメント】

この撮影をした日は、天気が悪い日が数日続いた後の雲が印象的な日でした。この時期は牧草ロー
ルを追い求めて美瑛を走り回っていました。一番好きなこの場所でのロールが見られる日を狙っ
ていました。夢中で良いカットを思い描いて撮影していました。

 

松井 保「永遠に」

【コメント】

この場所ではもう数年前から星の撮影をしております。
2本の木が仲良く寄り添うシルエットが愛らしくてとても好きなのと、春から秋にかけての夜空、
特に天の川は全方向から見る事ができる数少ない場所でもあります。
そして今回の作品のように、季節によって2本仲良く並ぶ木の中心に天の川、その上には織姫と
彦星、夏の大三角形が彩りを添える光景を見ることができます。
この寄り添う木がずっと見られる環境が続けば良いなと思うと共に、この綺麗な天の川もずっと
見られるといいなと思い、タイトルに「永遠(とわ)に」と付けさせて頂きました。

 

入賞されました皆様、おめでとうございます!

第二回のフォトコンテストも開催予定ですので、今から来年のフォトコンテストへ向けた作品作りに是非美瑛へ!

また、ご協力いただきました佐藤社長、大崎氏、菊地晴夫氏、中西敏貴氏に厚くお礼申し上げます。

 

お宿にご宿泊希望の方はこちらから 

5月は通常シーズン料金5500円となります。

6月からはハイシーズン料金6500円になります。

館内フリーWiFi完備、洗濯機無料、美瑛町の街中にありますので長期の撮影の際にも大変便利です。

キタキツネ

このごろ、キツネをよく見かけます。今日も撮影中に丘の上で何回も見かけました。

おかげで風景写真よりもキツネの写真のほうがたくさん撮れています。

今週中にフォトコンテストの審査を行います。参加者の方々にはご迷惑をおかけいたしますがご了承くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お宿にご宿泊希望の方はこちらから 

5月は通常シーズン料金5500円となります。

館内フリーWiFi完備、洗濯機無料、美瑛町の街中にありますので長期の撮影の際にも大変便利です。

次のページ »